アルビオ・ガーデン円山の50㎡超の大きな5つのメリット


MERIT-1

住宅ローン控除が受けられる
住宅ローン控除とは、住宅ローンを使用して住宅を購入した際に活用できる減税措置です。
住宅ローンの年末残高の一定割合が13年目まで減額控除となる、とても魅力的な制度です。
Dtype 2LDK(64.91㎡)3,626万円を購入する場合
13年間で受けられる控除額約350万円

参照:国税庁HP 住宅借入金等特別控除


MERIT-2

すまい給付金が受けられる
すまい給付金とは、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和する制度です。
住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。
このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています。
Dtype 2LDK(64.91㎡)3,626万円を購入する場合
国から最大50万円の給付が受けれます

参照:国土交通省HP 住まい給付金とは


MERIT-3

登録免許税が軽減される
住宅を購入するとき、土地や建物に買った人の所有権を登記します。
登録免許税とは、この登記手続きの際に国に納める税金のことをいいます。
Dtype 2LDK(64.91㎡)3,626万円(※借入割合100%)を購入する場合 【評価額】土地:4,011,700円/建物:8,720,800円
軽減あり(50㎡超)と軽減なし(50㎡未満)の差額=約17.9万円

参照:国税庁HP 登録免許税の税額表


MERIT-4

不動産取得税が軽減される
不動産取得税とは、土地や建物を買ったときにかかる税金のことです。
これは地方税であり、納税先は都道府県となります。
Dtype 2LDK(64.91㎡)3,626万円(※借入割合100%)を購入する場合 【評価額】土地:4,011,700円/建物:8,720,800円
軽減あり(50㎡超)と軽減なし(50㎡未満)の差額=約32万円

参照:北海道庁HP 建売住宅又は新築マンションとその敷地を取得した場合


MERIT-5

住宅取得等資金贈与の非課税
住宅取得等資金贈与の非課税とは、父母や祖父母など直系尊属から住宅取得等のための
金銭や土地建物の贈与を受けた場合において、一定の要件を満たすときは、
非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。
最大1,610万円の贈与まで非課税 ※基礎控除額110万円・住宅取得等資金贈与の非課税枠を併用
50㎡超と50㎡未満の差額=約410万円

参照:国税庁HP 直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税